看護師転職応援サイト|看護師求人口コミランキング

看護師の退職金は?

看護師転職応援サイト|看護師求人口コミランキング

看護師退職金いくら貰える?

転職や退職を考える看護師にとって、退職金がいくらもらえるかは誰もが気になるところです。

そこで、実際の看護師転職・退職者がどのくらいの退職金をもらえていた、また看護師の退職金にまつわる噂の真相をまとめました。

看護師の退職金事情を徹底調査!

勤続年数別看護師退職金の平均金額

看護師は1つの病院に勤めたら、そこでしばらく働き続ける方がほとんどです。

この勤続年数によって看護師の退職金を算出する病院が多いのですが、それでは一体勤続年数による看護師の退職金とはどのくらいもらえるのでしょうか。


勤続年数による看護師の退職金は、3年~5年未満の看護師で20~30万円、5~10年未満の看護師で50~100万円、10年以上の看護師で200~400万円というのが平均的な退職金の金額と言われています。


ちなみに、看護師の退職金を支払う条件として「3年以上勤続していること」とする病院がほとんどですので、3年未満で退職する場合には、基本的には退職金が出ない可能性が高いと考えてください。

看護師の退職金が出ない職場もあるってホント?

実は、看護師として働いていればどのような職場でも退職金がもらえるというわけではありません。

退職金制度は法的に定められているわけではありませんので、退職金がもらえないという看護師も少なからずいらっしゃいます。


国立や私立などの大きな病院であれば3年以上看護師として勤続することで退職金がもらえることがほとんどですが、個人病院やクリニックといった規模の小さな職場では、最初から看護師の退職金が規定されていないということも多くあります。


また、小規模の医療機関で退職金がもらえる場合でも、勤続年数によって算出されるわけではなく、何年働いても退職金は同額・一律といった所もあるのです。

公務員は退職金が高いってホント?

国立病院などに勤める看護師は公務員としての扱いになるため、基本的に毎月のお給料はそれほど高くはありません。


その代わり、退職金は他の病院とは比べ物にならないほど充実しており、特に10年以上勤続する看護師に対しては400万円を超える退職金が支給される場合もあります。


公務員看護師を志望する人の中には、福利厚生の手厚さと退職金の魅力に惹かれて入職を決める方がいるほどです。

看護師の退職金は地域差がないってホント?

志を同じくして働く看護師ですから、どの地域にいても退職金の金額は変わらないように思いますが、実は残念なことに、看護師の退職金は地域差があります。


これは、東京を中心とした都心の方が相対的な患者数が多いことから、病院の収益が高いためだと言われています。


東京都内であれば23区内、他の道府県であれば県庁所在地や繁華街などから近い賑わう場所にある医療機関に勤めた方が、より多くの退職金をもらえる可能性が高いのです。

看護師転職お役立ちコラム