看護師転職応援サイト|看護師求人口コミランキング

無理なく転職できる看護師の心得とは?

看護師転職応援サイト|看護師求人口コミランキング

看護師転職の心得

転職には、何かと不安がつきまとうものです。看護師転職の心得をしっかりと理解し、スムーズに次の職場へ移行できるようにしましょう。

その1.心に決めたらブレずに進める

決心がゆらぐと転職できない

転職の決心

転職の時に何よりも大切なのは、「絶対に転職するぞ!」という自分自身の決心です。

特に人間関係が良い環境だったり、多少不満はあってもなんだかんだ継続して勤務し続けてきた場合は、周りの意見に流されてしまったり、同僚の看護師に引き止められて転職がなかなか進まないという方も沢山いらっしゃいます。


看護師が転職する時には、今の職場に何らかの不満があったり、ここでは出来ない活動・スキルアップがあるからこそ転職という選択肢を選ぶわけです。

その現場ではできないことを求めているのであれば、一度転職を決心したら、どんな意見にも流されないようブレない意志を持ちましょう。

今の職場には100%引き止められる

今の職場に引き止められる

今はどの病院・施設でも看護師不足が顕著ですから、就業先は非常に多く、転職先が決まらずにフラフラするということはほとんどありません


代わりに、今働いている場所でも看護師不足であったり、十分な人手を確保できていないということも考えられますので、何年も働いてきてくれた戦力になる看護師を、易々と手放す職場はほとんどありません。


「転職したいので退職を考えています。」と伝えたところで、ほぼ100%引き止められることでしょう。

その際、転職に悩んでいる状態だと「あと1年だけ」「次の看護師が決まるまで」とどんどん転職時期が先延ばしにされてしまい、結果として転職のタイミングを逃してしまいます。

ですから、退職を伝える時には「○ヵ月後の転職に向けて次の勤務先を探しているので、○月で退職させてください」と具体的に話すようにしましょう。

そうすることで、師長や主任などの管理職の人もその決意を重く受け止めやすく、欠員を補充するための対応を進めてくれやすくなります。

その2.転職活動で勤務を疎かにしない

転職活動の意外な盲点!

転職活動の盲点

看護師が転職活動をする上で意外と気付いていないことは、仕事が疎かになりがちだということです。

転職先を探すだけでも、個人で探すとなると休憩時間や勤務後のプライベートの時間を割いて、案件を探さなければなりません。


そうすると転職のことばかりに気を取られて集中力が欠けてしまったり、睡眠時間が短くなって仕事の効率が下がってしまうということがよくあります。

また、見学や面接の日取りを設定するにも、相手方の都合の良い時間に合わせて時間を取らなければなりません。

連絡や面接なども、必ずしも自分の都合の良い時にしてもらえるわけではありませんから、実は勤務の調整をお願いしたり、電話のために一旦仕事を抜けさせてもらうということもしなければならないのです。

転職会社を使えば全て任せられる!

看護師転職会社を使う

個人で転職活動を行う場合、全てを自分で管理しなければなりませんから、業務と並行して行うのは非情に難しいのが現状です。


そこで活用できるのが、転職会社への依頼です。

自分の経歴、スキル、転職先の希望条件などを伝えるだけで、条件に合致した案件を提案してもらうことが出来ますから、自分で転職先を探す必要がありません。


提案してもらった案件が決め手に欠ける場合でも、「もう少し近い職場が良い」「給与○万円以上は妥協できない」など具体的に指摘をすることで、より条件に沿った案件を再度探しもてらうことが出来ます。

さらに、自分の休みを伝えておけば、見学・面接の日程調整など相手先との連絡も転職会社が行ってくれますので、自分の時間を大きく割く必要がありません。

そのため、非常に効率よく転職活動を行うことができますので、業務が疎かになるということもなくなります。

その3.円満退職を心がける

少なからず周囲にも迷惑がかかる

周りの看護師への迷惑

退職すること自体は自分自身の問題ですが、転職をすることで少なからず今の職場にも迷惑がかかるということは自覚しておきましょう。

一人が退職するということは、その職場で新しい看護師を一人補充をしなければなりませんから、他部署と調整を行ったり、必要に応じて人員を募集しなければなりません。

ですから、転職をする場合には職場のことも考え、なるべく円満に退職するよう心がけましょう。

円満退職のポイント

退職願は3ヶ月前に提出

退職を伝える時期は、病院によって規定されていることもありますが、一般的には3ヶ月前に伝えるようにしましょう。

伝える時期が遅すぎると、急に人員の補充はできませんから、職場に迷惑をかけることになってしまいますし、最悪の場合退職できないということもあります。

十分な時間のある3ヶ月前くらいに、退職願を書いて、師長に直接伝えるようにします。

業務に支障を来たさない

「転職活動で勤務を疎かにしない」でもお伝えしましたが、最低限今の業務に支障を来たさないようにしましょう。

面接などの日程が合わず、調整をしてもらう場合にも師長に直接伝えるようにし、できればシフト作成のタイミングでお願いすると良いでしょう。

今の職場の愚痴を言わない

転職活動を始めたり、転職先が決まった看護師に見受けられる行動が、愚痴が増えるということです。

今まで我慢していたことが沢山あるのか、退職するとなると急に色々な不平不満を言い出すことがあります。

もちろん自分は退職するわけですので気分が良いかもしれませんが、周りの看護師はこれからも長く働かなければなりません。

ですから、その職場の環境を崩すようなことを進んで言うのはやめましょう。

看護師転職お役立ちコラム