看護師転職応援サイト|看護師求人口コミランキング

看護師転職会社の賢い利用方法 面接のポイント

看護師転職応援サイト|看護師求人口コミランキング

転職先の面接・見学に行く

面接が設定できたからといって、安心してはいけません。内定を受諾するまで、フルに転職会社を活用しましょう。看護師の就業条件は面接で決まると言っても過言ではありません。

面接・見学で条件を擦り合わせる

具体的な内容・ビジョンを説明できるようにする

内容・ビジョンを説明

転職の際の面接は、新卒の面接と異なり、より具体的な転職理由や今後の目標などが必要になります。

志望動機、今までの経験から学んだこと、自分がやりたいことが転職先でどのように叶うのかといった内容をしっかりと考えておくことが大切です。

また、看護師としての経験を持っているわけですから、より詳しい面接先の情報を集めておくと共に、「自己実現できる現場で長く働きたい」という意志を伝えることも重要になります。

看護師の転職は面接時の相談が重要

転職の相談

基本的に転職では、病院へ足を運ぶ回数はこの面接のみとなり、この1回で見学・質問などをすべて終了させます。

そのため、育児・介護によって勤務中の配慮が必要になる場合には、この面接時に相手方に言い添えておくことも大切です。

また、転職の面接では、看護師側にも選択する権利がありますので、気になることがあれば質問しても大丈夫です。

賢い利用法:過去の面接内容を確認!

担当者に別の看護師の話を聞く

別の看護師の面接内容を聞く

転職会社の良いところは、過去に同じ相手方に面接しに行った人がいたり、採用者を出したことがあるということです。

つまり、院長や看護師長がどんな人なのか、過去の面接でどのような内容を聞かれているのか、この病院ではどのような看護師を求めているのかということをよく知っているということになります。

ですから、面接が決まった時点で担当者と打ち合わせをし、このような情報を集めておくと、より綿密な準備を行うことができます。

看護師転職お役立ちコラム